主演スクルージ役/鬼さんへクリスマスキャロルのインタビュー

①何をやっている人なの?

本来の姿である鬼で、17LIVEやイベントを行っています。世を忍ぶ仮の姿では青山で踏み師。

②クリスマスキャロルでは、何をしていた人ですか?

主役の青年スクルージ役をやっていましたね。

③今回なぜ演劇・クリスマスキャロルをやってみよう思ったの?

ホリエモン万博2017の打ち上げで朝4時くらいに、堀江さんに「鬼やれ!』と言われてノリで。笑 やると答えたので言ったからにはやろうと思いました。後日の読み合わせ会で、恥ずかしかったけどめちゃくちゃ楽しかった。

④演技は今までやったことある?

ほとんど初めてですね。高校の文化祭でやったレベル。バンド活動で人前での表現はやっていましたね。

⑤演技に挑戦してみていかがでしたか?
→よかった、いやだったそれぞれ理由聞かせて

最高っすよ!とりあえず手をあげて、やり切って本当に楽しかったです。主役の金金金という守銭奴の感じを表現するのがとても楽しかった。

⑥辛かったり難しかったことはありますか?

普通の劇団ではトップダウン式であるが、今回はみんながフラットで絶対的に指示出す人がいないなかで、一体感を出すことが難しかった。みんなキャロルを優先してくれてはいるが、個人の都合で練習参加していなかったり、本番一ヶ月前には辞退する人もいて、その中でチームワークを作ることは難しかった。

個人では、喜怒哀楽の中の「哀」が表現しにくかった。哀しみを全力で表現する機会が滅多になかった。

⑦それをどうやって乗り越えましたか?

「哀」の表現は、主にケイト役から、もっと泣き崩れていいよ、汗も涙も鼻水をぐちゃぐちゃに出すようにしたら良いというアドバイスをもらい、イメージできるようになったな。

嫌いな奴が死んだって言われたらどうだろうなどと気持ちを作ると上手く行くようになったね。泣くためには、気持ちを段々上げていかないといけないので、その組み立てが大事だね。

一体感は、本気でぶつかること。全体練習時に携帯を見ていて全体練習に集中していないときに指摘するなどの意思表示をきちんとすることが大事やね。良い作品を作るため気持ちを全員で共有する、目的はお客さんに感動してもらうため

⑧一番楽しい時はどんな時でしたか?

本番はもちろん最高だったけど、キャスト同士で普段の会話でキャロルのセリフを小出しにする事が楽しかった。

例えばスクルージのセリフで「それでいこう!」みたいな。LINEのスタンプにあるといいな。

⑨自分のシーンで一番好きなシーンはどこですか?理由も教えて

無駄無駄無駄ぁー、のとこ。ジョジョのキャラから取ってきた。棺桶が出てきてウリエルに見るんだよー!と言われて泣き崩れる。人生の成功をつかんだと思われた人間の末路を表現するとこ。歌のアイアムアンチクリスマスー!と叫ぶところ。

⑩他の人のシーンで一番好きなシーンはどこですか?理由も教えて

結構あるね、シーンごとにね。マッケンジーや他の社員が怯えるシーン、スピード感がよいね。

でも一番はミカエルのシーンかな。メイクと衣装がすごかった。普段の稽古では見れなかいから気持ちが入ったね。コイツは誰だ!?みたいな。

⑪辞めようと思ったことありますか?理由も教えて

一切なし。人生で、途中でやめるという選択肢はない。だって自分でやるって決めた事だしね。壁があり辛さとかを感じたら、どうやったら乗り越えるかだけを考えてきた。その先に人間の成長がある。

⑫前日、本番前、本番後の気持ちそれぞれ聞かせてください

前日は、ワクワクしかなかった。前々日に裏方さんたちが準備してくださったものを見れて感動が最高潮に達したね。不安とかプレツシャーはなかったね。

本番前は楽しかったが、初登場である、ろうそくを持って出る場面が一番緊張した。ろうそく震えてたし。それ以外は緊張しなかったね。

本番後は1日目は楽しすぎた、達成感が半端ない。頑張ってきて良かったな、明日もあるけど。お客さんの声を聞いて本当にやってきてよかった。

2日目は変に余裕が出てしまって、悪魔が潜んでたな笑。セリフが2回ぶっ飛んでしまった。仲間に助けられて事故らずに済んで良かった。全体を通して良かったのか、お客さんは満足したのかってすごく気にしたなぁ。

⑬この経験から成長を感じたことはなんですか?

自分ができないと思ってることは、自分が勝手に思っているだけで可能性はあるということに気づいた。演技そのものが無理だと思っていたからね。本番一ヶ月前に、熱量が半端ないと演劇のプロの方から言われて自信を持てたね。

全てのことに熱が必要、熱量が伝染すると感動を産む。テクニックや上手さだけでは駄目だとおもう。

それと他人への言い方、心理を読むことやね。大人数でプロジェクトをやったことがなかったから。相手の事情を理解しつつ座長としてリーダーシップを取り、信じることが大事やね。

⑭日常と違う体験してみてオススメポイントどこですか?

すべての素人に演じることで感動を与えられる機会がある!それが舞台。千秋楽の達成感、演じる感動を味わってほしい。